アルテマさんの小説14

本文

「う・・・うぅん」
ようやく玩具が目を覚ました様だ。
「ここは?

ジャラ

「ジャラ?何の音だ・・・」
気付いた?貴方の動きを封じるために
「何だよこれ・・・手錠?足まで動かない・・・何がどうなって
「よぉ、鍵。気付いたか?」
「み、深夏!?」
ああ・・・その驚きと絶望に歪むその顔が見たかったんだ!
「どうしてこんな事を!」
どうして?そんなの決まってる
「鍵は気付いてたかいなかったかは知らないけど私は鍵の事が好きなんだ」
「ならなんで!
「私だけじゃない。生徒会のみんな鍵が好きなんだ。ついついオ●ニーのおかずにするぐらい」
「!!」
「けど私は他のみんなみたいに良い点がないから」
「そんな事な
うるさいなぁ・・・

ボキッ!

「うわぁぁぁぁぁ!!」
ああ、指が折れて痛みに悶える鍵の悲鳴聞いてるだけでイきそう・・・
「静かに聞いて。次は2本同時に折るよ」
「・・・(コクコク」
「だから鍵を引きちぎってみんなに分けたら誰かが仲間外れになる事はないだろ?」

「ふざけるな!そんな事して会長達が喜ぶ訳ないだろ!」
「静かにしろって言ってんだろうがぁ!」

ボキッ!ベキッ!

「・・・・・・!」
「鍵が悪いんだからな、さっき言った事忘れた?」
鍵が泣きながら私を睨む。
「その目がみたかったんだ!*したいほど憎い物を見る目が!」
「・・・てる」
また喋ったな?まぁいいや。今だけは特別な。
「は?なんて言ったんだ?」
「狂ってるっ言ったんだよ!自分さえよければ良いみたいな言い方しやがって!本当に会長達に聞いたのかよ!」
「会長、会長って」
「うるさいんだよぉ!」

ガスッ!

「ぐはぁ!」
鍵が吐血したけど今はイライラしてしかたがない。
「私は悪くない・・・悪いのは全部鍵なんだ!全部!何もかも全部!あははははははははははは!」
「・・・わかったならはずせ」
「命令してんじゃねぇ!」

ドスッ!

「ガハッ!」
「そうだ。私、今日危険日なんだ」
鍵を*す前に
「鍵の赤ちゃんを作っちゃおう」
鍵のズボンをパンツごと脱がすと鍵のそれは私を突き*さんと天に向かっていた。
「へぇ?鍵て痛めつけられて感じる変態だったんだな」
「くそっ!なんでこんな時に!」

「じゃあ行くぞ」
「やめろ!」

ズプンッ!

「ああ、鍵が入ってる・・・」
「くそっ!くそっ!*してやる!必ず*してやる!」

ズプッ!グチャ!ニチッ!

「鍵、もうイくのか?いいぜ、私の中にたっぷり出せよ!」
「くそがぁぁぁぁ!」

ドピュ!ドピュ!ドクッドクッドク・・・

「たくさん出したな・・・もう悔いはないな?そろそろお別れだ」
「深夏・・・どうしてこうなっちまったんだろうな?」
「どうだって良いことだ。
じゃあな、鍵。愛してる。*したくなるほどに」

ザクッ!ギコギコギコ・・・

ゴトンッ!

「鍵、ありがとう。愛してる。これで鍵はみんなのものになれるんだぞ」

・・・・・・

「って夢をみた」
「夢オチかよ!でも夢オチでよかった」
「夢・・・じゃなくなるぜ。これで」
「えっ?」
振り返った直後、深夏にだきつかれた。鋭い痛みとナイフと共に。

BAD END


参考情報

2009/12/09(水) 00:01:03~2009/12/09(水) 00:51:09で4レスで投稿。
アルテマさんの生徒会の一存のエロ小説を創作してみるスレでの14作品目。

  • 最終更新:2010-07-05 17:43:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード