アルテマさんの小説3

本文

「杉崎ー」
「ん?ってうぼぁーーー!?」
俺が生徒会室に入るやいなや、いきなり会長が(鳩尾に)頭突きをしてきた。
「いきなり何するんですか!」
「らによ!私が受け止められないの!?」
「ぐほぁ!」
次は(やっぱり)鳩尾に渾身の右ストレートが決まった!
「俺、一日に鳩尾に二撃も攻撃受けたの初めてっすよ・・・。」
て言うかさっきからなんか酒臭い。まさか!
「会長酔ってます?」
「酔ってるわよ」
「知弦さん?」
やっぱりこの人か。
「今日、親に頼まれてチューハイ買ったんだけど、アカちゃんがジュースと間違えて」
「飲んだと・・・?」
「ええ」
酒屋の店員ばかか?高校生に酒を売るとは・・・
「と言う訳だから私、アカちゃんであそ・・・オホン、送ってくるから」
「あ、はい」
さっきこの人遊ぶと言いかけてなかったか?
「って言うか、俺殴られ損じゃね?」
なんでだろ?目から汗が・・・泣いてなんかないやい!ぐすん!


参考情報

2009/10/24(土) 13:50:07で1レスで投稿。
アルテマさんの生徒会の一存のエロ小説を創作してみるスレでの3作品目。



  • 最終更新:2010-07-05 00:09:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード