中1さんの小説2

本文

そして俺はなんだかんだで真冬ちゃんとヤルことになった
「ほんとにいいの?」
「はい、杉崎先輩なら別に・・」
「それじゃ~」
そして俺は真冬ちゃんの制服のボタンをはずしてゆく
「うぅ・・・・・」
そして俺はけっして恵まれたとはいえない胸をブラごしに揉む
「はぁ・・、はんっ」
だんだん真冬ちゃんの息があらくなってきた
「ふぁっ、うぅはぁ」
そこで俺は真冬ちゃんの地味なブラをずらしてあらわれた乳首をつまんでみた
「うぅん・・!!ふぁっ、んんっ」
それで追い打ちをかけるように乳首を口にふくむ
「はんっ・・あぁ、あんっ」
そして乳首を口の中でころがしてみる
「・・!!あんっ、ダッ・・んんぅ、メなの~」
どうやら真冬ちゃんは感じてきたらしい、そこで俺は手を真冬ちゃんの股間に這わせた
そして彼女の秘部を軽くさすってみる
「はぁ・・!!!!んぁっ、んんぅあんっああ~!」
そしてクリトリスを摘まんでみる
「うぁんっ・・!!!!!!!ダメ~~!!そこぉ、よわいぃのぉ~!!!!」
どうやらイッタらしい、そこで俺は
「ねぇ真冬ちゃん、このあとなにしてほしい?」
「ふぇっ、えっ、そっそんなこといわなきゃいけないんですか!?」
「えっ、だっていってくれなきゃわからないよ?」
「ええっと・・・・えっと」
「えっと・・、じゃわからないよ?」
真冬ちゃんはまっかになりながら
「えっと、杉崎先輩のおち○ちんを真冬のマ○コに・・・挿入てください」
「うん、しょうがないね」
そう言いつつ俺は自分の分身をとりだした、さっきから真冬ちゃんの淫らな姿をみていたので俺の分身は限界をむかえつつあった
「すごい大きいですぅ」
なんか深夏が「あたしのときより大きくない?」みたいな目でにらんできたが無視することにした
そして俺は真冬ちゃんの秘部に自分の分身を突き立てじょじょに挿入ていく
「んんぅ・・・うぅ」
真冬ちゃんの顔が苦痛でゆがむ
「痛くなくなったらいって」
「は・・い」
そして数秒たって
「もう・・大丈夫ですから動いていいですよ・・」
「それじゃ動くよ」
「はい」
そして俺はゆっくりとピストン運動に入る
「うぅん・・・うんっ、あぁんあっ」
そして俺の腰はどんどん加速してゆく
「あっん・・うぁん!!杉崎ぃん先輩ぃ・・激しっぃぃぃぃ!!!!!」
真冬ちゃんが大きく仰け反る・・イッテしまったようだそれでも俺のピストン運動は止まらない、それどころかクリトリスも弄ってみた
「ダッ、メェェェェェェ、イッタマ○コを・・・!!!!!!!ラメェッ・・クリちゃん弱いのぉぉぉ」
またイッタ案外真冬ちゃんはかんじやすいなぁ・・
「うっ・・もうそろそろ・・出る」
「くっ、ください先輩の精子真冬にくださいぃぃぃ」
どぴゅっ・・びゅるっるるるる
「中で出しちまった・・」
「あたしの時はそんなことはいわなかったのにな」
「いやどっちも同じぐらい好きだから安心して」
「よかったです(ぜ)」

end


参考情報

2009/11/14(土) 15:57:33で1レスで投稿。
中1さんの生徒会の一存のエロ小説を創作してみるスレで2作品目。
前作の続き。



  • 最終更新:2010-07-05 12:17:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード